障子張り替え|ふすま張り替え・網戸張り替えで快適空間を演出しませんか?大津市を中心に承ります!

障子張り替え

障子張り替えについて

障子は日本家屋の窓や扉、和室の間仕切りや押し入れの扉にも用いられることがあります。
障子が汚れる主な原因としては、タバコやお線香、調理の油煙などがあります。
木は空気を吸い込むため、空気が汚れていると、一緒に汚れを吸い取ってしまいます。
そして蓄積された汚れが、シミとなって障子の表面に現れます。
そうなってしまう前に、ご自身で障子の簡単なお手入れを行い定期的に張り替えるようにしましょう。

障子の種類

普通紙
障子紙の中で最も廉価で破れやすいです。
公団住宅、民間賃貸などに多く用いられています。
大サイズ(約90cn×180cm)
強化紙
普通紙に比べ約5倍の破裂強度を持ちます。
通気性を抑え汚れにくく、水に濡れてもほぼ強度が変わりません。
開閉の多い部屋や、お子様のお部屋にも向いています。
大サイズ(約90cm×180cm)
倍厚紙
普通紙と比べ、2倍の厚さがあります。破けにくく耐久性がある為、集合住宅、戸建てなどに広く一般に用いられています。
大サイズ(約90cm×約180cm)
ワーロン
塩化ビニールの両面に上質の和紙をラミネートし、強度と耐久性に優れています。
また、和紙の両面を塩化ビニールでラミネートしているタイプもあり、こちらは強度と耐久性がより優れ、表面がビニールのため水拭きも可能な点と、防炎認定の特徴もあります。
ペットのいるご家庭や、飲食店等のお店にもお勧めです。
大サイズ(約90cm×180cm)

障子張り替えのメリットとタイミング

張り替えのメリット
  • ・採光を調節して照明効率を上げる
  • ・結露を防いで防カビ効果を高める
  • ・デザインや強度を好みの物に変更できる

障子は張り替えが面倒なイメージがありますが、指で触っても破れず、強度の高い障子も存在します。
なので、張り替えを心配されているのであれば、耐久性のある障子を選ぶと良いでしょう。

張り替えのタイミング
障子の寿命はおよそ5年程度です。
そのため、穴が開いたり破れたりしていなくても、5年程度で張り替えることをお勧めします。
また、冠婚葬祭のタミングで障子を張り替えられる方も多くいらっしゃいます。
冠婚葬祭は一つの区切りであり、お客様を招く機会も多くなるので、一度見直してみると良いかもしれません。

障子の新調

枠が折れていたり、古くなっていたりして新しくしたいというご要望も当店にご相談ください。
様々な施工例を元にお客様に合った提案をさせて頂きます。

その他

当店では、サイズの大きい障子や小さい障子、一部がガラスになっている雪見障子など様々な障子にも対応しています。
また、1枚からでも承りますのでお気軽にお問い合わせください。

障子張り替えについてかかる料金

普通紙 2,000円(税抜)
倍厚紙 2,500円(税抜)
強化紙 3,500円(税抜)
ワーロン 7,000円~(税抜)
その他の料金については、お気軽にお問い合わせください。

※また、基本施工料は代金に含みますが、通常作業以外にその他作業が発生した場合、別途施工料が必要な場合がございます。
その際には、説明をさせて頂きご納得頂いてからの施工となります。

長持ちさせるためのお手入れ方法

週に1回程度は、ハタキでホコリを払うようにしましょう。
棧にたまったホコリは、柔らかいブラシや綿棒を使用して取り除くようにします。
引き手まわりの汚れはクリーナーか洗剤を薄めた物を使用して、布で拭き取り、手アカを掃除します。
クリーナーやスプレーなどを使用する場合は、障子に飛び散らせないように、離れた場所で布に吹きかけてから、使用するように注意してください。
そうすることによって、汚れを蓄積させずに、障子を長持ちさせることができます。

金沢屋 淡海瀬田店

Tel077-543-6667

Fax077-543-6668

【営業時間】9:00-17:00【定休日】日曜日・祝日

サービス一覧

外部リンク

金沢屋 淡海瀬田店

ページの先頭へ